パパママの手を育脳の手に

こんにちは
こくぶんじマッサージ治療室です(^^)/

おうちケアは「子供たちの困った(-“-)!」に
ママの手でしっかり学ばせてあげるための方法です。

  • 力をいれたいのに入らない
  • ぎゅっと力が入ってしまう
  • 上手く空気を吸えない、又は吐けない
  • ごっくんできない
  • 手足が冷たい
  • トイレトレーニングがうまくいかない  など

こどもの好奇心は脳の栄養、気づきはスパイスです。
赤ちゃんはパパとママに触れてもらうことで自分のカラダを意識したり、カラダの使い方を学習していきます。

ダーウィンも肌に触れることは「脳に触れること」と残しているのだとか。
相手の肌に触れることは相手の意識(感情)に触れること、にもつながると思います。
いつも肌を通して大事に思っていることが伝わるといいな、と思いながら施術をしています。

お子さんのために、何か出来ることはないかな?と
お探しのご家族に必要なものが届きますように。