受付時間 
10:00~18:00
※水曜・日曜を除く
訪問エリア
国分寺市から直径6キロ以内

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-860-108

幼少期の重要性

なぜ なるべく早く施術を始めるといいのか?

乳児期の脳が持つ柔軟性(脳の可塑性) 

赤ちゃんの脳は3 歳までに脳の 80%が出来上がると言われています。

乳幼児期の脳内マップは必要に応じて容量や領域が変化するという柔軟性(脳の可塑性)を持っています。一度傷ついてしまった脳の神経細胞が脳の可塑性によって、役割や機能を回復させられることが分かってきました。
乳幼児の学習能力が極めて高いこの特別な時期(臨界期)に、適切な刺激を与えてあげることが重要です。子どもの将来や可能性に大きな影響をもたらすと考えています。

親子関係でこどもの可能性が広がる

子どもの能力を育てるために注目されているのが、「ミラーニューロン」という脳の神経細胞です。鏡のように反応するミラーニューロンは、目で見た他人のしぐさと行動をまるで自分がそうしているかのように脳の中で模倣します。模倣に特化したミラーニューロンは学習能力の基本であり、コミュニケーションを助けているといわれています。

親子でコミュニケーションを取りながら楽しむことはミラーニューロンを活性化させ、子どもの脳の発達を促していきます。親が子どもの小さな変化に気づき喜ぶ姿は、子どもの脳にその変化を良いものだとイメージさせ、さらなる変化を生み出しやすくなります。

二次的障害の予防

赤ちゃんは約1年で身長が約1.5倍、体重は約3倍になります。

この時期のお子さんは急激に骨や筋肉が成長します。成長期に筋緊張が強い、又は低緊張の状態でいると骨と筋肉のバランスが取れず、骨が変形したり、内臓が圧迫されるなど様々な弊害の原因につながります。

成長期による二次障がい(股関節の亜脱臼や側弯など)に対応するためにもできるだけ早くから始めることが重要になってきます。少しでも早い段階からグリッター式®マッサージで、骨の変形の予防をすることをお勧めしています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-860-108
受付時間
10:00~18:00
定休日
水曜・日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-860-108

<受付時間>
10:00~18:00
※水曜・日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/10/15
親子学習会の為午後から営業します
2022/9/23
【臨時休業】午後からお休みします
2022/6/1
療養費改定(案)がありました 
HPの料金表からご確認ください

こくぶんじ
マッサージ治療室

住所

〒185-0014
東京都国分寺市東恋ヶ窪3-20

訪問エリア

国分寺市から直径6キロ以内
上記以外の訪問にも可能な限り対応致します

受付時間

10:00~18:00

定休日

水曜・日曜